三月のカケラ

サークル『三月のカケラ』Blog いつまでも暫定運営中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南極点のピアピア動画 

南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)
(2012/02/23)
野尻 抱介

商品詳細を見る



発売からずっと自分のTLでは話題になってたのだけど、
近所の本屋では壊滅状態で、なかなか手に入れられなかった一冊。
やっと購入できたのでゆっくり読もうと思ったら、面白すぎて一気に読破しちゃいました。

……いや、一番笑ったのは帯の


「そもそも野尻さんがちゃんとしたSF作家だったというのは驚きだった。

――――ドワンゴ代表取締役 川上量生」


でしたが。
書店でリアルに吹き出しちゃったよ!

自分にとっては、ずっとクレギオンのセンセイなんですが、
たしかに、ニコ動でしか知らない人だと、そう思いますよね。
わかります。
ちなみに5年ぶりの新刊だそうです。


表題作の『南極点のピアピア動画』は2008年頃にSFマガジンに掲載。
これだけ、リアルタイムで読んだことがありました。
月に彗星が衝突した余波で、関わっていた月探査プロジェクトが潰えてしまい、ついでに恋人にまで去られてしまった大学院生が、ピアピア動画というサイトをきっかけにして、宇宙へ恋人を連れて行くという夢を、多くの人々の力をかりて達成しようとする話。

2つめの『コンビニエンスなピアピア動画』は、
片田舎のコンビニで偶然発見された、とある蜘蛛が発端となり、ピアピア動画の技術集団の手によって、思いもよらぬ計画が進んでいく話。

3つめの『歌う潜水艦とピアピア動画』は、
ザトウクジラの群れの研究に情熱を燃やす研究者が、国民的大人気のボーカロイド「小隅レイ」の力を借りて、プロジェクトを実現させてしまい……そして。という話。

最後の『星間文明とピアピア動画』は……ナイショです(笑)
ぜひ読んでみてください。


わかる人にはすぐわかりますが、つまりニコニコ動画と初音ミク。
もっといっちゃうと、ニコニコ技術部を題材にした小説ですね。

さすが「先生仕事してください」コメの第一人者。
筆は遅いですが、ハードSFに定評がある野尻先生作だけあって、綿密でしっかりとしたSF描写が光ってます。
それでありながら、読み終わった後に感じるのは、清涼感と心地よさ。
そして、未来へのたしかな希望。

きっとそれは、技術への信頼と、なにかをやりとげることの賛美が根柢にあるからなんだと思います。
登場人物が、みなどこか職人肌なんですね。自分のやることに誇りをもっている。
こういう題材だと、ネガティブ要素でコーティングされがちなんですが、これまたインターネットというインフラへの全面肯定が、独特な作風を生み出してます。

つまりこれ、完全に初音ミクファンと、ニコニコ技術部な人へ向けて書かれてるよね(笑)
楽観しすぎなところもありますが、案外こういうものかもしれないという、リアリティもまたあったりして。

そこまで詳しくない自分でも、元ネタの数々にニヤニヤしてしまったくらいなので、
詳しい人が見たら、もっとヒドい(褒め言葉)んだろうなぁと。
小隅レイの名前からして、そうですもんね。万人向けというわけではないですけど、ありがちな表面だけネットネタ乱発なものとは、一線を画してます。


そのボーカロイド「小隅レイ」の元になった、初音ミクって、ずっと追ってる人ならわかると思いますが、SFな存在そのものなんですよね(2008年に星雲賞自由部門に選ばれたのは流石だった)。
ちなみに、事実は小説より奇なりというか、すでに金星方面へも旅立っている ので、明日地球が滅んでも、彼女の存在は残ります。SFですね。

そんな初音ミクがニコ動で有名になり始めたころ、もっとも多く歌われた題材は、
そのまま彼女という楽器をモチーフにした、「歌うことそのものの楽しさ」でした。
そして多くの人は、ミクの向こうにある「未来」もいっしょに聞いてたんですね。
彼女だけずっと特別扱いされ、やたら技術系の人間にモテるのも、そういう部分が大きいのではないかと思います。

初期の名曲にして、いまでも人気がある『ハジメテノオト』は、まさにその象徴かなと。
いまだに、これを超えるミク曲に出会ってないです。




なぜこれを紹介するのかは……やっぱりナイショで(笑)


いやでも、読んで一番ハッとしたのは、本文中に出てくるボカロ耳についてのやり取り。
ミクのたどたどしい声でも、ずっと聴き続けてると脳内で勝手に補正されて、ちゃんとした歌として聞こえてくるみたいな現象を揶揄った言葉なんですが。

考えてみると、若者がミク曲を聞いて脳内で補正される状態って、上の世代とはまた違うのかも。
自分はいわゆるFM音源な曲を聞くとリラックスしやすいんですが、ボーカロイド世代にとってはミク曲がそうなる可能性もあるのだなぁと。

実際に、音楽がどのように聞こえるかって、言葉では説明できても感覚的なものを詳細に伝えるのはムリなわけで、ゲームミュージックに慣れ親しんだ世代とそうじゃない世代は、同じ曲でも感覚での捉え方が全然違うかもしれないと、最近になって実感しはじめました。

初音ミクも、世代によって想い出を含めた脳内補正感が、全然違う可能性もあるんですね。
こういったことは研究されてるのか、気になる所ではあります。


話が脱線しましたが、
なにより未来への希望を歌った、楽しいSF小説。
個人的に、ぜひオススメしたい一冊です。


ちなみに、
表紙の子は初音ミクではありません(笑)



http://www.4gamer.net/games/115/G011590/20120316029/
【みんなの力で宇宙を目指す。「放課後ライトノベル」第84回は『南極点のピアピア動画』で明るく前向きな未来に思いを馳せてみませんか? 】

 


 
S-Fマガジン 2011年 08月号 [雑誌]S-Fマガジン 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/06/25)
不明

商品詳細を見る

 
 
スポンサーサイト
[ 2012/03/25 01:01 ] さいえんす | TB(0) | コメント(-)

あかつき&イカロス運用一周年! 


※画像はikaroskunのツイートから引用。


2010年5月21日にH2Aロケット17号機にて、種子島から打ち上げられた金星探査機「あかつき」と小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」が運用一周年を迎えました。
残念ながら、あかつきは金星軌道投入でトラブルが発生してしまい再突入を目指して調整中ではありますが、イカロスは特に大きなトラブルに見舞われず、大きなミッションを無事に終了。現在も後期運用が続けられてます。
なにはともあれ、

祝! 運用一周年おめでとうございます~!
 

[ 2011/05/24 23:57 ] さいえんす | TB(0) | コメント(-)

新聞風ニュースまとめ作成サービス paper.li 

あれ。2月があと一週間しかないよ\(^o^)/

つまり、東京とびもの学会2011まで一ヶ月を切ったということです。
原稿、間に合う……のか。いろんな意味で。
台割は終わってるけど、本文はいまだ1P足りとも進んでおりませぬ。
まぁ、なんとかなるよね、きっと。


tobimono2011_marchbit.jpg

サークルカットはこんな感じ。
落選ということはない……はず。



特に他に書くこともないのですが、広告が表示されてしまったので、最近お気に入りのサービス「paper.li」の紹介などなど。

TwitterやFacebookのフォローしている方のリンク先記事を抜き出して、新聞風にしてくれるスイスのWEBサービス。
最近、日本語版もはじまったそうで、人に見せるためというよりは、自分でニュースを流し見するのに重宝しております。
フォロー先を参照しているので、それぞれの好みの傾向の記事が集まってくるわけですね。

同じご趣味の方は、ぜひ読みに来てくださいな。



<デイリーコスモ星猫>

 
 
[ 2011/02/22 01:45 ] さいえんす | TB(0) | コメント(-)

HTV2号機打ち上げ成功! 

 
「こうのとり」という名称に、いまだに馴染まなかったりする今日この頃。
どうしてもコレを思い浮かべてしまうんです(笑)




さて、2009年秋に打ち上げられ、ミッションを完遂した宇宙ステーション補給機HTV(通称:こうのとり)の2号機が、本日23日午後、種子島からH2Bロケットのこれまた2号機にて打ち上げられました。
今のところトラブルなども特には報告されていない模様。

機体についての詳しい説明などは、しきしまふげんさんのBlogが、相変わらずのわかりやすさで素晴らしいですね。
朝日新聞サイトの空撮も迫力があってオススメ。


こうのとり2号機は、国産の水などいろいろな物資を運びつつ、ゆっくり国際宇宙ステーションに接近し1月28日にドッキング予定。もちろん、ISSを分離して大気圏に還るまでが任務です。

今回も無事にミッションが完遂されることを祈っております。
 

※追記

2011年1月28日、無事に国際宇宙ステーションとの結合に成功しました。
サプライズとして、ぬいぐるみが届けられたとか。

htv2.jpg



現代萌衛星図鑑現代萌衛星図鑑
(2009/06/10)
しきしまふげん

商品詳細を見る

 
[ 2011/01/22 21:15 ] さいえんす | TB(0) | コメント(-)

ひとつの失敗 ひとつの成功 そして 




今年の5月21日。26万人のメッセージと初音ミクのプレートを乗せてH2Aロケット17号機で種子島から打ち上げられた、金星探査機PLANET-C「あかつき」ですが、7日に予定されていた金星への軌道投入途中にトラブルが発生し、残念ながら投入失敗となりました。

でも、予定通りの軌道投入という意味では失敗となりましたが、再投入の機会がまったくなくなったわけではなく、現在の計算では6年後(もしかするともっと早く?)、再びチャンスが巡ってくることがわかっています。
旅路が少しばかり長くなっただけですね。

フロンティアである宇宙開発は常に失敗と隣り合わせ。
空だって今みたいに安全に飛べるようになるまでに、どれだけの失敗が繰り返されたことでしょうか。
そして、その失敗は確実に次への礎となるもの。無意味なものではありません。
しっかりと金星へ到達し、様々な貴重なデータだって得られたのですから。


http://twitpic.com/3dym4v
【あかつきくんとミクの旅はまだまだ続くよ!】




悪いニュースの後には良いニュースを。
あかつきと相乗りで打ち上げられ、ともに金星を目指していた小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」が8日、金星に再接近し、ミッションのフルサクセスを無事に達成したとのこと。

あかつきの影に隠れていますが、ソーラセイル船による惑星間航行は世界初の快挙であり、宇宙開発史にまた新たな歴史が刻まれたことになります。
ちなみに、こっちにも非公式でミクのメッセージが書きこまれているらしいとか(笑)(超電磁P氏談)


人は着実に宇宙時代へと歩んでいってますね。
まだまだ歴史は、はじまったばかりです。




オマケ:

7日、相模原JAXAの購買前の掲示板にて。
擬人化文化は着実に浸透していってるようです(笑)




[ 2010/12/09 02:31 ] さいえんす | TB(0) | コメント(-)
● 応援中!●

 

 



【間違った社員教育
まったく君の会社ではいったいどんな社員教育を(略)】


EFFyのサークルさんの新作。
空を飛ぶ楽しさをあなたにお届け!

 

 

カウンター
プロフィール

marchbit

Author:marchbit
 
このサイトは星猫が
運営しております。
イラスト関係は
ほぼ風車作


連絡先:marchbit「あっとまーく」hotmail.co.「じぇーぴー」
  

お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
● 応援中!●

 

 


【EFFy one of unreasonable if】


「わたしを使って 彼らを斃して」
高クオリティ3DフライトSTG。独自システム”ACS”と”RCS”を駆使して、ナビゲーターAI「エフィ」とともに大空を飛び回れ! レビュー


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 


【GIGANTIC ARMY】


蒸気冒険アドベンダムのASTRO PORTさん新作!
様々な武装を持つメカを狩り、戦場を駆け抜けろ。レイ○スやヴァ○ケンが好きな人には特にオススメの一作。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ALLTYNEX Second】


突き抜ける爽快感! 射撃と近接。2つの形態、4つの武装を駆使せよ!
そんな正統派2.5D縦スクロールSTG。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ディアドラ・エンプティ】


ファンタジーゾーン+パンツァードラグーンのような全方位ハイフィールドSTG。
透明感溢れる世界観が素敵です。
少女はドラゴンとあの大空を舞う。


ふろーずんおーぶさま公式サイトで数面あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 



宇宙と星と少女とひまわりの良作SFアドベンチャー。
シナリオがとても良いです。「星の海に憧れる人々」が好きな方には、特にオススメの一作。


ぶらんくのーとさま公式サイトで1ルート丸々あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。