三月のカケラ

サークル『三月のカケラ』Blog いつまでも暫定運営中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【26】 じつはドラゴンスレイヤー7なの(ロードモナーク) 

(2010.10.22mixiにて掲載)


mona.jpg

きのうは彼女と初デートだったの。
眼下にみえる浮島で緑と赤の王様と兵隊が戦ってるのをみていたの。
とっても楽しかったの。

きょうは彼女のおうちにいっちゃうの。
どきどきするの。
あれ? 張り紙がしてあるの。


「ごめんね、ひっこすの」


そんなのってないの。



――以上、本筋とは何の関係もない、モナークモナークのストーリーなの。
このゲームの主人公(?)モナくんは一応、日本ファルコムのメインマスコットキャラなの。
イースVS空の軌跡でも、ザナドゥ世界で店番とかしていたの。
でも、今ではモナークシリーズを知ってる人はけっこう少ないの。

だから、今回はドラゴンスレイヤー7こと、ロードモナークにしたの。





さて、今となっては日本では壊滅状態に近い健全PCゲーム市場ですが、かつてはコンシューマに負けず劣らず活気がある時代がありました。

PC88に98シリーズ。X68000にMSX。それはまさにPCゲーム黄金時代。
今みたいに一家に一台、いや個人に一台パソコンがあって当たり前という時代ではなく、ものすごくハードの敷居が高かったのですが、その分、ファミコンなどでは出せない(いろんな意味で)大人向けの緻密なゲームが群雄割拠しておりました。
あのスクウェアだって、当初はPCゲームをつくっていたメーカーでしたね。


そんなPCゲーム黄金時代を過ごしたものにとって、忘れられない会社があります。
それが日本ファルコム。1981年創業の、この業界ではかなりの老舗です。
高クオリティのRPG作品群を主にパソコン向けに発表しつづけ、一時代を築いたメーカーでもありますね。

とくに赤毛冒険記こと、イースシリーズや英雄伝説シリーズが有名ですが、その英雄伝説の派生元となった、ドラゴンスレイヤーシリーズというものがありました。




ちなみに、初代ドラゴンスレイヤーの発売が1984年。
某クエストが86年なので、いわゆるパチもん、まがいものではありません。
むしろ、ぎゃ……ゴホンゴホン。

今となっては時代を感じさせますが、和製RPGとして完成度が抜群に高かった初代ドラゴンスレイヤーは大人気になり、当時の国産三大RPGの一つと称されるようになります(ちなみに、ハイドライドと夢幻の心臓が残り二つ。ファミコンではまだRPGは出ていません)。

もちろん人気作の宿命として、続編も多数作られ、その6作目として登場したのが「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」。これが後の、英雄伝説シリーズとなるわけですね。
余談ですが、近年のファルコムの看板ゲーム、「英雄伝説 零の軌跡」「碧の軌跡」は、この派生シリーズ3期目のエピソード2つ目になります(ややこしい)。


そんな、初代英雄伝説の次に創られたPC98のゲーム。
今までアクション要素もあったとはいえRPGばかりだったシリーズの7作目は、なんと異色のシミュレーションゲーム。いや、シミュレーション要素をもった、リアルタイムパズルっぽい独特のゲームでした。

それがドラゴンスレイヤー7こと、ロードモナーク。
今でも密かな人気を誇る名作で、数あるファルコムゲームの中でも一番好きな作品です。


mona2.jpg

ルールは簡単。
マップに4色の陣営がいて、それぞれ王様と兵隊を持っています。
兵隊は家を建てることができ、時間が経つと家から新たな兵隊が出てきます。
兵隊の能力は数字で現され、基本的に合流して強くなっていきます。敵兵とぶつかった場合、戦力が大きい方が勝ち。お互いに兵力を削り合っていきますが、戦力差があるほど、うける被害が少なくなります
プレイヤーに出来ることは、そんな兵隊に簡単な命令(目的地設定、通せんぼ、家を建てる、柵を作る、橋をかける等)をリアルタイムに出すことと、税率(何かを作るために必要な資金と兵隊の発生率)の調整だけ。
簡単なアリゴリズムで勝手に動く兵隊達に上手く流れをつくってやって、他の陣営を滅ぼしましょう。




今ならRTS(リアルタイムストラテジー)のジャンルに入るかもしれませんね。
LifeGame(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1275633055&owner_id=16126472)の概念に近いところもあるかもしれません。

グラフィックも、最初こそファンタジー風の世界ですが、面が進むと、戦国風やメルヘン風、ロボットの世界になったり、ハンバーガーとたこ焼きとたい焼きと寿司が顧客を巡って争ったりします。足が生えたハンバーガーが暴力団(第三勢力)と戦う様はシュールの一言。


mona3.jpg

百聞は一見にしかずということで、ファルコムの公式HPで簡易版が無料公開されているので、実際に遊んでみたらいいかなと思います。

さて、そんなロードモナーク。独特なゲーム性が根強い人気を得て、家庭用をはじめ、様々な機種へ移植されました。
派生作を除けば、ひとつだけ後継作も出ています。
それがモナークモナーク。


mona4.jpg

画面がクォータービューになって高低差の概念が生まれ、兵隊数を増やしたり、他の陣営の時間を停止させるアイテムも追加されました。でも、基本ルールはそのまま。シンプルイズベストの良ゲーム。
冒頭のモナくんは、このモナークモナークの案内役です。




引越してしまった彼女を歩いて追いかけることにしたモナくん。
そんな彼の歩く距離はプレイヤーのステージクリア評価によって決まります。
いや、特にゲーム本編とモナくんの繋がりは何もないのですが。

でも、書置きだけ残していなくなる彼女ってヒドい(笑)
実はモナくんは嫌われていたのではないか。ちなみに彼女のところにたどり着くと、ちゃんと歓迎されますよ。よかったよかった。

ファルコムの中では、地味目なゲームではありますし、最近はあまり知名度もなくなってしまったシリーズではありますが、でも、Twitterで広報さんがモナくん風の言葉遣いをしたり、VSではモナくんが特典ショップの店番をしていたりと、ファルコム内部でも今でも気にいられているゲームなのではないでしょうか。


そんなわけで、そろそろ新作を遊びたいの。
つまりそれが言いたかったの。



http://www.plumfield.jp/~youichi/LordMonarch/
<ロードモナークいろいろ(ファンサイト)>




英雄伝説 零の軌跡 Evolution (通常版)英雄伝説 零の軌跡 Evolution (通常版)
(2012/10/18)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[ 2013/02/13 21:17 ] 徒然ゲームおもちゃ箱 | TB(0) | コメント(-)
● 応援中!●

 

 



【間違った社員教育
まったく君の会社ではいったいどんな社員教育を(略)】


EFFyのサークルさんの新作。
空を飛ぶ楽しさをあなたにお届け!

 

 

カウンター
プロフィール

marchbit

Author:marchbit
 
このサイトは星猫が
運営しております。
イラスト関係は
ほぼ風車作


連絡先:marchbit「あっとまーく」hotmail.co.「じぇーぴー」
  

お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
● 応援中!●

 

 


【EFFy one of unreasonable if】


「わたしを使って 彼らを斃して」
高クオリティ3DフライトSTG。独自システム”ACS”と”RCS”を駆使して、ナビゲーターAI「エフィ」とともに大空を飛び回れ! レビュー


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 


【GIGANTIC ARMY】


蒸気冒険アドベンダムのASTRO PORTさん新作!
様々な武装を持つメカを狩り、戦場を駆け抜けろ。レイ○スやヴァ○ケンが好きな人には特にオススメの一作。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ALLTYNEX Second】


突き抜ける爽快感! 射撃と近接。2つの形態、4つの武装を駆使せよ!
そんな正統派2.5D縦スクロールSTG。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ディアドラ・エンプティ】


ファンタジーゾーン+パンツァードラグーンのような全方位ハイフィールドSTG。
透明感溢れる世界観が素敵です。
少女はドラゴンとあの大空を舞う。


ふろーずんおーぶさま公式サイトで数面あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 



宇宙と星と少女とひまわりの良作SFアドベンチャー。
シナリオがとても良いです。「星の海に憧れる人々」が好きな方には、特にオススメの一作。


ぶらんくのーとさま公式サイトで1ルート丸々あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。