三月のカケラ

サークル『三月のカケラ』Blog いつまでも暫定運営中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ゲーム3】亭主元気で留守がいい……こともない(イストワール) 




金は天下のまわりものと言いますが、世の中には物凄い金額をかけて開発されるゲームがあったりするわけです。70億以上かけてつくられたアレとかソレとか、いったいどれくらいかかるか不明な某ファイナル幻想の最新作とか。
素人ながら元が取れるのだろうか……と心配になってしまいますね。
ゲームに限った話ではないですが、そもそも開発費と面白さは正比例するとは限らないのが、世の常にして無常なのかもしれません。
具体例は避けますが。

で、今回はそれらとはまったくアプローチが対称となるゲーム。
アマチュアの方がRPGツクール2000(文字通りRPGを製作するPCソフト)で作ったフリーソフトです。
タイトルのイストワールとは、フランス語で「歴史」とか「史実」とか「物語」の意。
文字通り、ある世界のイストワールを描いたRPG。


「館」にやって来た主人公。
ここを管理をしている少女によると、この世界はいま崩壊の危機にあり、それを防ぐために館の主人によって7人の者達が呼び出されたとのこと。
しかし、とうの主人は行方不明。しかも次元の歪みにより館から直接外に出るのは不可能になってしまう。
偶然から、館を通して世界のあちこちを探索できる力を得た主人公は、招かれた他の人々と協力し、この世界の崩壊を防ぐための冒険に出るのだった――――そんな導入。


システムはドラクエ戦闘型のオーソドックスな2DRPGです。
冒険の目的は館のあちこちから繋がっている多彩なダンジョンを探索して、世界崩壊の謎を解くこと。最初は主人公の記憶も含めて、よくわからないままに手探りで進んでいくことに。
しかし館には7人の招待者がいるわけで、同調の像と呼ばれるアイテムを手に入れるごとに、最大2人(デフォルト)まで仲間を増やすことが出来ます。
仲間になるのは、老竜の武人に全身鎧の英雄、女神に仕える戦巫女に不死の吸血鬼、幽体の魔女に謎の葬儀屋、そして天使の司書官と、どのキャラも一長一短が激しいヤツラばかり。

また、世界のあちこちに隠されている大結晶と呼ばれるアイテムによって、主人公は様々な特殊技能を憶えることが出来ます。取得順番はある程度自由で、どの能力から憶えていくかによって戦略に幅が出る。
ダンジョン探索ルートもかなり融通がきいたり、殆どの敵に明確な弱点が存在していたりと、全体的に試行錯誤が楽しいつくりになっていますね。


もちろん、フリーソフトだけにやはり商業ソフトと比べると劣ってしまう部分はあります。
フリー素材(音楽は専用曲)を多様しているので絵のクオリティーが低いとか、解像度も低いとか、システムが微妙に古臭いとか。
じゃあ、つまらないのかと言えばそんなことはない。

そもそも個人で作っているために、商業ソフトと比べると大きなことは出来ない……だったら逆に大きなことをしないゲームをつくったらいい。
このソフトはそういうコンセプトで創られています。

例えば、
大きな世界を作りこめない→館から世界のいろんな場所に飛べるようにしたらいい。
長い話は作れない→テンポよく、周回プレイを楽しめるつくりにしたらいい。
……という風に。


このゲーム、周回前程のやりこみ要素が詰まってます。
隠しアイテムや隠しボス(12悪魔将というのがいて倒す順番で強さが変わる)は当然のこと、普通にプレイしていると7人のうちから2人しか選べないので、仲間を変える楽しみもあるし、ルートに幅があるので前回いかなかったルートを使ってみるとか、とならなかった能力を取得してみるとか目標も色々。何を持ち越すかは、規定のポイントを使って自分で選ぶので、それを悩む楽しみもあります。
もちろんマルチエンディングで、グッドエンド(≠ベストエンド)を見るのはかなり大変です。
2周目からさらにテンポが良くなることもあり、なんだかんだで5周以上は楽しんでしまいました……主にあの娘を仲間にしたくて。


といった感じで、懐かしい時代のよさを残した良作2DRPGなんですが、もう一つ書いておきたいのはシナリオのこと。
このゲーム、シナリオがとてもよいです。微妙にネタバレになりますが、ゲームであること、ツクール製であることを意識したシナリオになってますね。
この発想は商業ゲームじゃ、なかなか出てこないのではないかと思います。
シナリオを語るのではなく、情報を提示することによってプレイヤーが想像しながら物語を構築していく形。特に物語を創るのが好きな人は色々と感じるものがあるんじゃないかなと。タイトルである「イストワール」、クリアすればその意味が良くわかります。
それぞれのダンジョン、それぞれの人々はみんなイストワールを持っている。


同人ゲームは、やはり商業ゲームと比べてクオリティーに劣るものが多いです。
昔と比べて個人が作れる幅は随分と広がりましたが、同時に商業ゲームの劣化コピーっぽくなってしまっている点も否めません。
でも、たまに突然変異の如く良作が現れるから、探すのをやめられないんですよね。
ポイントは「だからこそ」の発想と熱意なんじゃないかと思います。



<イストワール公式(ダウンロードもこちらから)>

<VecterGAMES イストワールレビュー>

<Nepheshel(イストワールの元になったダンジョンRPG)>
 
 
スポンサーサイト
[ 2008/07/23 19:16 ] 徒然ゲームおもちゃ箱 | TB(0) | コメント(-)
● 応援中!●

 

 



【間違った社員教育
まったく君の会社ではいったいどんな社員教育を(略)】


EFFyのサークルさんの新作。
空を飛ぶ楽しさをあなたにお届け!

 

 

カウンター
プロフィール

marchbit

Author:marchbit
 
このサイトは星猫が
運営しております。
イラスト関係は
ほぼ風車作


連絡先:marchbit「あっとまーく」hotmail.co.「じぇーぴー」
  

お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
● 応援中!●

 

 


【EFFy one of unreasonable if】


「わたしを使って 彼らを斃して」
高クオリティ3DフライトSTG。独自システム”ACS”と”RCS”を駆使して、ナビゲーターAI「エフィ」とともに大空を飛び回れ! レビュー


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 


【GIGANTIC ARMY】


蒸気冒険アドベンダムのASTRO PORTさん新作!
様々な武装を持つメカを狩り、戦場を駆け抜けろ。レイ○スやヴァ○ケンが好きな人には特にオススメの一作。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ALLTYNEX Second】


突き抜ける爽快感! 射撃と近接。2つの形態、4つの武装を駆使せよ!
そんな正統派2.5D縦スクロールSTG。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ディアドラ・エンプティ】


ファンタジーゾーン+パンツァードラグーンのような全方位ハイフィールドSTG。
透明感溢れる世界観が素敵です。
少女はドラゴンとあの大空を舞う。


ふろーずんおーぶさま公式サイトで数面あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 



宇宙と星と少女とひまわりの良作SFアドベンチャー。
シナリオがとても良いです。「星の海に憧れる人々」が好きな方には、特にオススメの一作。


ぶらんくのーとさま公式サイトで1ルート丸々あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。