三月のカケラ

サークル『三月のカケラ』Blog いつまでも暫定運営中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 超ネタバレ雑感 




映画の日に一回見て、今日また友人と「序」の鑑賞会になって、そのままなし崩し的に「破」を見に行こうということになり映画館へ。
そして2回目なのに、普通に魅入ってしまった。

なんでこんなに面白いんだろう。


というわけで、以下は思いつくままに徒然と書いた、まとまりのない感想と考察です。
細かいこととか整合性とか、まったく気にしてません。
こんな考えもあるんだくらいで読んでください。

以下、超ネタバレなので、見てない人は読んじゃだめですよ。
素直に劇場へ行ってくださいね。
   
 
 
 
 
見てない人は読んじゃダメだよ?

















今回は完全にシナリオを再構築してますね。
スポットをシンジくんに絞って、彼の物語としてまとめあげている。
おかげで変なブレやノイズが少ないので、話がすんなりと頭にはいってきます。
むしろもう、謎な設定とか意味深な台詞とか邪魔なんじゃないのって思うくらい。


新劇場版のストーリーの軸の一つとなっているのが、シンジとミサトの信頼関係。
父親にコンプレックスを抱くシンジの気持ちが一番理解できるのが、同じ気持ちを抱くミサトさんなわけです。ここが旧作だとゴチャゴチャでわかりにくくなっていて、やっと歩みよるのが劇場版の最後のキスシーン。時すでに遅し。

今回は最初からここをしっかりと描いているので、ストーリーラインがわかりやすいんですね。私は初号機パイロットを信じますとゲンドウに言い切ったりするあたりが顕著です。
その結果、シンジくんフルボッコな状況が穏和されてます。

エヴァンゲリオンの物語ってやたらシンジが全方位から責められてて、よく彼の内向的でナイーブな面が強調されるけど、そもそも14歳であんな状況におかれて逃げない方がおかしいわけで、なんの訓練もうけてない子がいきなり得体の知れない巨大ロボットのパイロットをやらされて、謎の敵と当たり前に戦える方が(普通に考えると)どうかしてます。
でも、旧作だとそういうところは(意図的かどうかは知りませんが)無視されてて、周囲の大人達はただ彼を責め立てる。
大人になれといわれて、何が大人なのかわかりませんといいきる機会さえなく。
そもそも大人側に子どもに大人として接する余裕もないわけですが。


今回の新劇場版ではそのあたりも丁寧に描かれてますね。
演出的に使徒が凶悪化、エヴァが弱体化してて、シンジが苦しむ過程がしっかりと描かれているので、あんまり内向的な感じはしない。シンジの行動や展開に(ラストを除いて)そこまで大きな変化はないにもかかわらず。
その一番象徴的なところが、ミサトがシンジを理解して、支えようとしてる点なのかな。

そういう視点で改めて序を見てみると、序はこの二人が信頼関係を築く話に終始していて(新規に追加された下層エリアへもぐる部分とか特に)、この流れがそのまま破の最後の「いきなさい!」につながる。
自信のなかった男の子が信頼する大人に背中を押されて、最後の一歩を踏み出し少女を救う。なんというボーイミーツガールの王道。


そのガールのもう一方であるアスカの扱いについては、ファンから非難轟々みたいですね(気持ちはわかる)。
旧作シンジの負がアスカに分散配置されていて、今回のアスカは内向的な面が強く、みんなと馴れ合わずゲーム機をいじってるキャラ。そして、その克服がキーの一つになってる(ここでもやっぱり最後に打ち明けるのはミサトさん)。

だからこそ、シンジを中心に物語が動く今回のストーリーではああいう扱いになるしかないんだろうなぁ。
むしろ、ドラマ的に美味しい役まわりになってると思うのは、俯瞰してみちゃってるせいか。

新キャラの眼鏡さんはあれだね。
整合性を取るためにあいてしまった隙間を埋めるべく産まれたっぽい感じがしてしまう。旧作アスカの(設定的な)ポジションで活躍してるのを含め。

もう一人、割をくってるのが赤木リツコ博士で、もう完全に説明博士キャラ化。
昔のSFアニメには必ずいたね、こういうポジション。

レイに関しては旧作視聴者のためのサプライズ感が強い。
死んでも変わりはいるというのを(マイナス方向に)肯定していたTV版とうってかわり、お前は使い捨てなんだよ的な思想を今回は完全に否定。これが破のテーマにもなっている。
それをシンジが言いきれたのは、彼にとって信頼に足る大人であるミサトが最後に後ろで肯定して支えてくれたから。
レイの心境の変化といい、友人たちとの触れ合いといい、そういった一連の流れが綺麗に積み重なっているから、物語はラストで最高の盛り上がりに達するんですね。
ほんと、ストーリーラインに違和感がない。
最初からこう創ってよって思うくらい(笑)

それを否定して盛り上がったエヴァンゲリオンが、そこに回帰するのは皮肉的ではありますが。
このあたり、新訳Zガンダムと一緒ですね。



破の面白さの根幹は、そういった旧作のカオスなところをすっきりとまとめあげて描いてるからなんじゃないかな。まさにTV版第30話として。
もうほんと、過去作見てるか見てないか、その時どう思ったかで評価がガラっと変わってきますね。
たぶん一番ピンポイントにくるのが25歳前後、本放送じゃなくて深夜再放送→旧劇場版を少年・少女としてリアルタイムで視聴した世代なんじゃないかな。

この辺りは推測でしかありませんが、なにげにレイの「私が死んでも変わりはいる」=「お前たちのかわりなんていくらでもいるんだよ」的なものが、主人公によって完全否定されたってのは、ドラマ上のもっとも重要なポイントな気がする。
この世代的にも。

ちなみに自分はもともと本放送で毎週見ていて、それでなんか満足しちゃった人です。
25・26話でなんじゃこりゃっておもって(笑)
ブームになったころには一歩引いちゃってたみたいな。



エヴァって小難しい面がやたら強調されるきらいがありますが、表装をとってしまうと、人類を滅ぼす(地球を侵略する)謎の軍団と戦うために、父さんが開発した神にも悪魔にもなれる巨大ロボットにのって基地の周辺で協力して戦う……つまり、マジンガー系列のスーパーロボット物の系譜なんですね。

で、恐ろしい怪獣と戦ってくれるウルトラマンはいないので、かろうじて拾ってきた出所が怪しいウルトラマンを無理やり洗脳して戦わすって物語。


情報量をひたすらふやして、キャラクター相関もドラマツルギーもゴチャゴチャにして、作家生と演出の凄さで無理やりまとめた、わけのわからない面白さを追求したのが旧エヴァなら、それをしっかりとドラマとして再構築しなおしたのが新劇場版。
自分はこっちのが好きだな。

なにはともあれ、ヱヴァンゲリヲン新劇場版は面白いです。
上では触れてないですが、日本のアニメ技術の集大成のような映像的な凄みも混みで。
そこにあるのは、やりたいことをやりたいだけやった的な圧倒的なパワー。
ほんと、今回は若者の精神性がどうとか、隠された謎がどうとか、そういった難しい考察や謎解きはむしろ邪魔な気がする。
素直にドラマを楽しめばいいんじゃないかな。


あとはまぁ、どうやって最後までもってくかが楽しみですね。
もちろんいい意味で。
また放り出さないことを願ってます(笑)
 
でも、期待されたらそれを(いろんな意味で)裏切りたくなるのが、「クリエイター」ってものですからね。
さてさて。

いっそ、最後は実写で監督自らエヴァになっちゃうくらい(このネタ、どれくらいの人がわかるのか気になる)はっちゃけてもらえたら、それはそれで。
 





<「ヱヴァ」は品川駅を出発しました(ネタバレなし) (たけくまメモ)>
 

<『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』85点(超映画批評)>
 
 
<「ヱヴァ:破」 公開直後の感想リンク集(エヴァ緊急ニュース)>
 
 
スポンサーサイト
[ 2009/07/04 01:59 ] お知らせ | TB(0) | コメント(-)
● 応援中!●

 

 



【間違った社員教育
まったく君の会社ではいったいどんな社員教育を(略)】


EFFyのサークルさんの新作。
空を飛ぶ楽しさをあなたにお届け!

 

 

カウンター
プロフィール

marchbit

Author:marchbit
 
このサイトは星猫が
運営しております。
イラスト関係は
ほぼ風車作


連絡先:marchbit「あっとまーく」hotmail.co.「じぇーぴー」
  

お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
● 応援中!●

 

 


【EFFy one of unreasonable if】


「わたしを使って 彼らを斃して」
高クオリティ3DフライトSTG。独自システム”ACS”と”RCS”を駆使して、ナビゲーターAI「エフィ」とともに大空を飛び回れ! レビュー


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 


【GIGANTIC ARMY】


蒸気冒険アドベンダムのASTRO PORTさん新作!
様々な武装を持つメカを狩り、戦場を駆け抜けろ。レイ○スやヴァ○ケンが好きな人には特にオススメの一作。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ALLTYNEX Second】


突き抜ける爽快感! 射撃と近接。2つの形態、4つの武装を駆使せよ!
そんな正統派2.5D縦スクロールSTG。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ディアドラ・エンプティ】


ファンタジーゾーン+パンツァードラグーンのような全方位ハイフィールドSTG。
透明感溢れる世界観が素敵です。
少女はドラゴンとあの大空を舞う。


ふろーずんおーぶさま公式サイトで数面あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 



宇宙と星と少女とひまわりの良作SFアドベンチャー。
シナリオがとても良いです。「星の海に憧れる人々」が好きな方には、特にオススメの一作。


ぶらんくのーとさま公式サイトで1ルート丸々あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。