三月のカケラ

サークル『三月のカケラ』Blog いつまでも暫定運営中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ゲーム11】お兄さんとの約束だ ゲームの恨みはそのゲームで晴らそうZE!(カタン) 

さて、11回目ということで、謎の2回縛りはおしまいです。
これからは徒然なるままにお気に入りゲームについて書き綴っていきたいと思います……今までもそうだったけど。
今回は、しばしモニターの世界を離れてみることにしましょう。


さて、ボードゲームと言われると、人生ゲームとか良くてモノポリーくらいしか頭に浮かばない人も多いと思われますが、海外ではボードゲームはコンピューターゲームに負けないくらいの知名度があって、それはもう色々な種類のゲームが出ていたりします。


http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-category-3.html
<高円寺0分 ゲーム紹介(ボードゲーム店「すごろくや」)>



子ども向きのシンプルなやつから、大人が長い時間をかけて遊ぶものまで多種多様。
歴史や史実を扱っていたり、作りもしっかりとした本格的なものも多いです。
特にドイツのゲームが有名で、この分野での権威ある賞である「Spiel des Jahres(ドイツ年間ゲーム大賞)」と呼ばれるものもあったりしますね。

なぜ海外でボードゲームが好まれているかといえば、理由の一つにホームパーティーの文化があるからだと言われています。逆に日本ではあまりそういった多人数が定期的に集まる習慣がないのと、コンピューターゲームが発達しすぎてしまったために、こういうボードゲームが流行る下地がなかったというのが、いまいちメジャージャンルになれない原因のようです。
麻雀は流行ってますが、逆に言うとそれくらいしか集まって遊ぶゲームの認識が持たれていないわけですね。あとは囲碁とか将棋などの2人対戦みたいな。


というわけで今回紹介するカタンですが、そのドイツ年間ゲーム大賞で1995年に大賞を取ったというゲームです。日本でも近年カプコンから再販版が出されて宣伝されたために微妙に知名度が高くなってますね。
正式名称は「Siedler von Catan(カタンの開拓者達)」。文字通りカタン島を開拓して資源を確保し、家を建てて町を作って、規定ポイントに達したプレイヤーの勝ちです。
プレイ人数は3~4人(基本セット)。やはり4人でプレイするのが一番楽しいバランスになってます。





舞台となる島は六角形のプレートを任意に並べて作られます。
毎ターン、プレイヤー達が交代でダイスを振って、出た値に対応した産物(木材、粘土、麦、鉄、羊毛)プレートから資源が産出されることになります。もしそのプレートに隣接した場所に自分の建物があれば無事にその資源カードをゲット。
逆に建物がなければ、自分がふったダイスであろうがその資源は手に入りません。

家を作るのにも、新しい土地に家を建てるために引く道を作るのにも資源が必要で、そのためには何としても資源を確保しなければならないのです。しかし、建物がなければ資源は手に入らないわけで、自分がその隣接プレートに家を持っていなかったらどうすればいいのか……?

そう、そこでこのゲームの肝である「交渉」が行われます。
プレイヤーは何時でも他のプレイヤーと交渉を行うことが可能です。
自分が持ってる資源を他のプレイヤーと交換しましょう。

どの資源がどれくらい場に出ているかは、場の資源カードの残り枚数から推測したりすることだって出来ます。誰が何を欲しているかを的確に捉え、貴重な資源を高く売りつけ、こちらが必要な資源を安く買い入れる。貴方の洞察力と交渉力が問われるわけです。
ちなみにルール上、交渉の方法に制限はなくて、例えば「今度おごるからさー」とか「前回助けてあげたよね」とか、「そういやもうすぐ査定だねチミ。いや独り言だけどね」という交渉方法もアリになってます。パワーハラスメントには気をつけましょう。

人間が4人もいると、そりゃあもう様々な思惑が交錯することになるわけです。
チャンスカードと呼ばれる特殊カードで全員の特定資源を奪ったりすることも可能ですが、あからさまにやりすぎたり、有利だからといって高圧的な態度で交渉ばかりしつづけると、不利になった時に一気に復讐されます。
奢る平家は久しからずただ春の世の夢の如し。歴史は繰り返す。
ゲームが進めば進むほど、そんな感じの経験が場に蓄積されていき、さらに面白さが増していきます。


そういった生の感覚が、俗に言うマルチプレーヤーゲームの醍醐味の一つですね。
1vs1だとシンプルな戦いも、人が1人増えるだけで派閥が生まれ、さらに1人増えればパワーバランスが複雑怪奇になります。
中にはそういった交渉ごとを中心に扱ったゲームもあるのですが、カタンはそこまで重視されているわけではないので、初心者に取っ付きやすいという点も含めて、海外ボードゲーム入門用にオススメのゲームですね。

多人数で顔をあわせてわいわいと遊ぶアナログゲーム群は、コンピューターゲームでは味わいにくい面白さや魅力があったりします。ダイスをふったり、ボードに駒を並べていく楽しさもコンピュータゲームじゃ無理だしね。XBOX360ライブアーケードでネット対戦版も出てたりするんですが、やはりボード版で遊ぶのが一番。





人数と場所と時間が必要な、ある意味でかなり贅沢なゲームジャンルなのですが、たまの週末にみんなでわいわいとボードゲームに興じるのもいいんじゃないでしょうか。
でも、どんなに白熱しても、ゲーム内での感情はゲームの外に持ち出さないのが大人のゲーマだぜッ!

お兄さんとの約束だ(><b
 


http://www.tgiw.info/catan/
<カタンの開拓者達(Table Games in the World)>


<カタンの開拓者たち(Wikipedia)>



スタンダードカタンスタンダードカタン
()
ハナヤマ

商品詳細を見る

 
 
 
スポンサーサイト
[ 2009/10/26 22:43 ] 徒然ゲームおもちゃ箱 | TB(0) | コメント(-)
● 応援中!●

 

 



【間違った社員教育
まったく君の会社ではいったいどんな社員教育を(略)】


EFFyのサークルさんの新作。
空を飛ぶ楽しさをあなたにお届け!

 

 

カウンター
プロフィール

marchbit

Author:marchbit
 
このサイトは星猫が
運営しております。
イラスト関係は
ほぼ風車作


連絡先:marchbit「あっとまーく」hotmail.co.「じぇーぴー」
  

お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
● 応援中!●

 

 


【EFFy one of unreasonable if】


「わたしを使って 彼らを斃して」
高クオリティ3DフライトSTG。独自システム”ACS”と”RCS”を駆使して、ナビゲーターAI「エフィ」とともに大空を飛び回れ! レビュー


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 


【GIGANTIC ARMY】


蒸気冒険アドベンダムのASTRO PORTさん新作!
様々な武装を持つメカを狩り、戦場を駆け抜けろ。レイ○スやヴァ○ケンが好きな人には特にオススメの一作。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ALLTYNEX Second】


突き抜ける爽快感! 射撃と近接。2つの形態、4つの武装を駆使せよ!
そんな正統派2.5D縦スクロールSTG。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ディアドラ・エンプティ】


ファンタジーゾーン+パンツァードラグーンのような全方位ハイフィールドSTG。
透明感溢れる世界観が素敵です。
少女はドラゴンとあの大空を舞う。


ふろーずんおーぶさま公式サイトで数面あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 



宇宙と星と少女とひまわりの良作SFアドベンチャー。
シナリオがとても良いです。「星の海に憧れる人々」が好きな方には、特にオススメの一作。


ぶらんくのーとさま公式サイトで1ルート丸々あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。