三月のカケラ

サークル『三月のカケラ』Blog いつまでも暫定運営中

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【29】 はでに疑問符がさわいでる そっと真実はあきれてる(ナップルテール) 

(2012.4.8 mixiにて記述)

ただいま! 忘れたころに増えていく、徒然ゲームおもちゃ箱。
今回はドリームキャストの知る人ぞ知る、いわゆる隠れた名作。
「Napple Tale Arsia in Daydream」でいってみましょう。




夏至祭を楽しんでいた元気な少女ポーチは、死者を導く「たまガイド」、ストレイナップの手違いで、この世とあの世の境界線にある、不思議な世界「ナップルワールド」に連れてこられてしまいます。
ストレイナップいわく、もとの世界に帰るためには、身体から抜け出て飛び散ってしまった、魂の証であるペタルを全部あつめなければいけないとのこと。
だけど、いまのナップルワールドは四季がおかしくなってしまっていて、
どうにも一筋縄にはいかないみたいで……?

こうして、うたた寝の国「ナップルワールド」を舞台に、
ポーチとストレイナップの大冒険がはじまったのです。





このゲーム。なにがすばらしいかというと、まず音楽! そして音楽! さらに音楽!
BGMの作曲は、アニメ楽曲などで絶大な人気を誇っている、かの菅野よう子さん。
ゲームの設計コンセプトが、「菅野さんの曲でゲームをつくる!」というところから、はじまった……かどうかはわからないのですが、菅野さんの楽曲あってのゲームであることは間違いないです。

その数は70曲以上におよびます。優しい雰囲気の曲から、激しい戦いの曲、幻想的でどこか不思議なイメージの曲まで多種多様。全編、菅野ワールド全力全開!
ゲームよりサントラの方が売れたという噂もあるくらい。世界観と楽曲の親和性もとても高くて、それがこのゲームを忘れられないものにしている、大きな要因ですね。


さらに世界観がすばらしい!
西洋の古典メルヘンを下敷きにした、どこかやさしくあり、どこか残酷でもある、そんな幻想的な世界観がゲーム全体を彩っています。
そんな不思議ワールドに存在するキャラクターたちも、元気少女のポーチを筆頭に、ひょうきんでいて、それでいてどこか物悲しけだったりもする、まさにおとぎばなしの中の住人たち。
”物語そのもの”がテーマになっている、ストーリーもまたすばらしいです。言葉遊びがとても多くて、噛めば噛むほどさらに味わえるような、奥深い物語になってます。

そんなシナリオを書かれたのは、アナログゲームデザイナーの門倉直人さん。
この名前に反応する人は、かなりの古参TRPGゲーマーのはず(笑)
ローズ・トゥ・ロードなどを作られた方ですね。自分も後から知ったのですが、なるほどと納得してしまいました。




さて、肝心のゲーム部分ですが、3DのアクションRPGといった形になってます。
アイテムを集めてポーチを育てつつ、四季をモチーフにしているステージを春から順番にすすんでいくのですが、これがまた、それぞれのマップに季節の色がはっきりとでていて、雰囲気もとてもよい。

各季節のボスを倒すことで、ナップルワールドにそれぞれの季節が戻ってくるんですが、ここでも菅野よう子さんの季節をテーマにした曲がかかります。





歌っているのは、坂本真綾さん。
これがまた、よいものなのです。


難易度は(セガのゲームとしては)低いめ……といっても、アイテムを拾ってきて分解したり、そこからパフェットと呼ばれるお助けペット(やたらたくさんいる)を合成したり、各ステージに隠されているコインを集めたり、街の住人と交流してクエストをこなしたりと、やりこみ要素が充実しているあたりは、さすがはセガのゲーム。
全部やろうとすると、かなり大変な安心ゲーマー仕様。このあたり、もうちょっと優しくてもよかったんじゃと思います。でもまぁ、セガだし!

しっかりマルチエンデイングにもなっているのですが、ベストエピローグの条件が、これまた結構いじわるですしね。
いろいろな疑問が氷解して、かなり味わい深いエンディングなんですが、これを見られた人ってどれくらいいるのだろう……。


そんな、今でもサントラを仕事用BGMにしてるくらいに大好きなゲームなのですが、ドリームキャストオンリーということもあって、もう完全に知る人ぞ知るゲームになってしまってしまいました。
まぁ、当時としてもメインユーザー層とは、完全に離れた作風だったのですが……。
う~ん。売れるものを創るのって本当に難しい。

最近のドリキャゲーム移植の流れにのって、再評価されてほしい一作です。
すごく3DSむきのゲームだと思います。





http://page.freett.com/hika/nap/index.htm
【ナップルワールド! ようこそ ”ナップルテール” へ!】




Napple Tale 妖精図鑑Napple Tale 妖精図鑑
(2009/07/01)
菅野よう子

商品詳細を見る

 
[ 2013/06/04 20:08 ] 徒然ゲームおもちゃ箱 | TB(0) | コメント(-)

【28】 こんなゾンビだらけの場所にいられるか、俺はひとりで行くぞ! (Left4Dead)  

(2011/9/12 記述)

書くたびに久々とか言ってますが、やっぱり久々なゲーム雑記。
なんだかんだで、気がつけば28回目ですね。意外と長く続くものです。
欠番になっている回は、ネタとして古くなってしまったものだったりしますので、
気にしない方向で。

そんなわけで、今回は初のFPS。
PCとXBOX360の海外ゲーム、Left4Deadを取り上げたいと思います。




FPSというのは、『First Person shooter』の略。
文字通り、一人称視点で飛び道具などを使い、敵を撃ち倒していくジャンルです。
日本だとマイナーですが、海外だと動画のDOOMからはじまって、トップクラスの人気を誇り続ける一大ジャンルだったりします。
このあたり、文化の違いが明確に現れていて面白いですね。

一説によると、よくあるFPSやGTAみたいなゲームは、アメリカ人にとって原体験風景なので共通認識として受け入れられやすい……みたいな話もあって、なにそれ怖い。
むこうの人は日本でFPSが流行らないのを、逆に不思議に思っているのだとか。
異文化交流は難しい。360の日本での苦戦は、こういったことも大きいのかもしれません。

ちなみにバイオハザードみたいにキャラが背面ごしに見えるゲームは『Third Person shooter』、TPSと呼ばれていて、これも向こうの人からみると、一応は別物だとかなんだとか。


そんなFPSの人気作のひとつが、この『Left4Dead』です。





ゲーム内容は、いたってシンプル。
舞台は、とあるゾンビパニック映画の世界。
街に溢れ出した感染者……いわゆるゾンビどもの群れをかい潜り、生き残った4人で、無事に安全な場所へと脱出するのが目的です。


目に映るのも、迫ってくるのも、ほぼ全部がゾンビゾンビゾンビ……もとい感染者。
小難しいストーリーも複雑なルールも必要ないんだよ! Dead or Alive!

このゲームの一番の特徴は、クリアのためには仲間どうしの協力が必須……ということ。
FPSというと、多人数対戦がよく注目されますが、このゲームは対戦よりも仲間と協力する面白さ(いわゆるCo-op)を主軸にシステムがつくられています。


そう、仲間こそは命綱。
回復をはじめとする特殊アイテムは、ひとりひとつずつしか持てない。
誰がアイテムを持つか、どのタイミングでどう使うのかの判断を誤ると、往々にして全員そろってピンチに陥ります。

体力がなくなって倒れこんでしまっても、数度までなら仲間に蘇生してもらうえるし、たとえトドメを刺されて死んでしまっても、誰かが生きてさえいれば、少し進むと復活ポイントがあって何事もなかったかのように復活も可能。
ありがちな、途中でやられたので後は見てるだけ、というのもないです(ただしステージラストだけ、一度死ぬと復活不可能)。





そんな風に、ゲーム設計がプレイヤー間での協力を自然と誘発するように考えられていて、それは雑魚ゾンビ以外の特殊感染者と呼ばれる敵のつくりにも現れています。
どいつもこいつも、暗にプレイヤーに協力しろと言ってくる、そんな特殊なゾンビたちは計5種類。


-Smoker-
遠くから長い舌でプレイヤーをフィッシングする感染者。
いちど捕まったら、他の人に救出してもらわないと、すなわちDEAD。
タイミングが悪いとチームがバラバラに分断されてしまいます。
動きは速くないですが、地味に嫌なヤツ。

-Boomer-
ブヒブヒという鳴き声が特徴の太った感染者。
動きこそ鈍重ですが、口から出す液体を浴びると視界が奪われる上、雑魚感染者が大量にあらわれて襲ってきます。至近距離で倒しても、同じ効果の体液を浴びることになるので要注意。
発見即遠距離殺が基本。チームの索敵能力が問われます。

-Hunter-
フードを被った感染者。
ピョンピョン飛び跳ねる、その素早い動きでプレイヤーたちを翻弄し、馬乗りにされると誰かに助けてもらうまで体力を削られ続けてそのままDEAD。時間でダメージが比例増加するので、いかにはやく仲間にどけてもらうかが重要になってきます。
暗がりから突然飛び掛ってくるので、孤立行動はそれだけで危ない。

-Witch-
道端ですすり泣いている女性の感染者。
近くで大きな音を立てたり、ライトの光を当てたりすると襲いかかってきます。
その恐るべき爪で狙われてしまったら、あっという間に大ピンチ(高難易度だと触れられただけで一発死亡)。
戦うメリットはまったくないので、いかに避けて進むかが重要になってきます。

-Tank-
専用テーマソングとともに現れる、このゲーム最大の脅威。ムキムキマッチョマン感染者。
小細工などない、恐るべきスピードとパワーでプレイヤーたちを恐怖に陥れる中ボス格。
倒すには全員のチームワークと立ち回りが必須となります。



どれも、単体ならなんとかなりますが、複数で現われるとひとりの対処は至難の技。
自分だけでも逃げようと仲間を見捨てると、だいたい戦線が崩壊して結局は自分も死ぬのもお約束。
情けは人のためならず。ひとりはみんなのために! みんなはひとりのために!

続編の2では、床に毒液を撒き散らす感染者(いわゆる立てこもり妨害)、操作を奪って遠くへ連れ去る感染者、タックルで遠くまで吹っ飛ばす感染者などなどが追加され、スリルが増してたりします。





もうひとつの見どころは、ステージ最後に待ち受けるフィナーレと呼ばれる特殊面。
画面中に嫌というほど大量にあふれ出してくる感染者、そして特殊感染者たちに追い詰められながら、脱出の目的を達成することになるのですが、ここがもう熱い熱い。

高難易度になると慣れたプレイヤーでもクリアできるかどうかギリギリ絶妙のバランスで、普通に遊んでいるだけでも、「ここは俺に任せて先に行け! ……死ぬなよ」なシチュエーションが多発します。
みんなの犠牲の末にひとりだけ救出ヘリに飛び乗った時の後味の悪さと安堵感といったら(笑)
同じくお約束な、自分だけ助かろうとして……あ……なシチュエーションもよく見られますね。
ピンチになると、人間の本性がわかるって誰かが言ってました。気をつけましょう、いろいろと。


ちなみに、アイテムや敵の配置はランダムになっていて、AI制御でバランスを考えた配置が自動でなされます(余裕があったら敵の数が増える。死にそうならアイテムが落ちている等々)。
ラッシュと呼ばれる、敵が嵐のように押し寄せてくるタイミングも毎回のように変わるので、プレイごとに新鮮な気持ちで挑戦できたりします。
頼れるのは己の経験とチームワークのみ。このあたり、ちょっとローグライクにも通じるものがあるかもしれません。

要所要所ではいるキャラたちの掛け合いも、かなりの数があって、ランダムで挿入されたりします。
もっとも、プレイに集中していると、あんまり聴いてる余裕もないのだけど。
でも、細部までこだわりが感じられていいですよね。


こういう設計なので、もちろんシングルよりも多人数プレイが推奨で、ネット環境がないと、魅力が半減……いや、激減するゲームではありますが(一応、画面分割プレイにも対応)、FPSジャンルの入門ゲームとしても、なかなかにオススメの一作だったりします。

遊んでいるうちに自然とチームワークの大切さが身に染みるかもしれない、Left4Dead。
ぜひプレイして、戦場での孤立行動がいかに危険なのかを、学んでみてはいかがでしょう。

もっとも、高難易度だとひとりのミスでチームが総崩れ……が日常茶飯事なので、だんだんとギスギスもしてきますが(笑)
でもそれもまた、ゾンビ映画のお約束かもしれません。


こんなやつらと協力なんてできるか!
俺はひとりでいくぞ!

……そう、それが彼の最後の言葉だったのです。



http://left4dead.wikiwiki.jp/?Commentary
開発者Commentaryまとめ






PC版だと4人以上のプレイもできたりして、これも面白そうですね。




Left 4 Dead 2: Prima Official Game Guide (Prima Official Game Guides)Left 4 Dead 2: Prima Official Game Guide (Prima Official Game Guides)
(2009/11/17)
David Hodgson

商品詳細を見る

[ 2013/04/30 10:51 ] 徒然ゲームおもちゃ箱 | TB(0) | コメント(-)

人、それを広告回避という 

 
本当はガッツリなにか書こうかなと思ったんですが、
クッ、ガッツが足りない……!_(:3 」∠)_
というわけで、今までの徒然ゲームおもちゃ箱のまとめリンクです。




【26】 じつはドラゴンスレイヤー7なの(ロードモナーク)

【25】 勇気あるものだけがスタートボタンを押してもいい(爆裂無敵バンガイオー)

【24】 ネタバレ:ラスボスの名はレザードヴァレス(緋王伝Ⅱ)

【23】 どこから見てもスーパーマンじゃない スペースオペラじゃ主役になれない~♪(GALAXY TRUCKER)

【22】 歴史を学ぶと人間が歴史から学ばないことがよくわかる(History of the world)

【20】 遥かな空に誓え 終わらない希望と勇気を!(スカイガンナー)

【19】 需要と供給 もぐる人がいれば造る人もまたいるのである(ダンジョン建設ゲーム)

【18】 もぐって、もぐって、またもぐる!(ローグライク)

【17】 セガのゲームはだからどこよりも優秀で完全で愛と真実に満ちているの!(セガガガ)

【14】 フリーゲームを遊ぼう会(ネットで遊べる無料ゲーム)

【13】 戦車でバンバン! まわりこんでドカーン!(戦場のヴァルキュリア)

【12】 もし、ふりかえりたいのなら1へ 気になるならそのまま読み進め(ゲームブック)

【11】 お兄さんとの約束だ ゲームの恨みはそのゲームで晴らそうZE!(カタン)

【10】 冒険は終わらない 魔法だ、仲間だ、合体だッ!(リトルマスター)

【09】 ゲットだぜッ! Do the 想像  少年は育てて交換してGO!(ポケットモンスター)

【08】 資本主義だって社会主義だってみんなみんな生きているんだ友達……なんだ?(トロピコ)

【07】 聖者は招くよ、あえあえあ~♪(Age of Empires)

【06】 「俺が正義だ!」……言葉の意味は危ないが、とにかくすごい自信だァ!(サクラ大戦シリーズ)

【05】 鉄骨で異世界飛んだら、どうしよう?(エターナルメロディ)

【04】 気をつけろ! 油断すなわちフルボッコ(魔王物語物語)

【03】 亭主元気で留守がいい……こともない(イストワール)

【02】 最悪の災厄、災い転じて福となす?(エルムナイト)

【01】 幻影の都市、香港で生きろ天人(幻影都市)


こうやってみると、結構いっぱい書いてますね。
まだストックがあるので、もうしばらくは広告回避に使おうと思います。



PhaseD (フェイズ ディ) コンプリートBOXPhaseD (フェイズ ディ) コンプリートBOX
(2013/03/30)
Sony PSP

商品詳細を見る


※白影の章と黒聖の章のおまけシナリオ書いてます。
 
[ 2013/03/29 22:47 ] 徒然ゲームおもちゃ箱 | TB(0) | コメント(-)

【26】 じつはドラゴンスレイヤー7なの(ロードモナーク) 

(2010.10.22mixiにて掲載)


mona.jpg

きのうは彼女と初デートだったの。
眼下にみえる浮島で緑と赤の王様と兵隊が戦ってるのをみていたの。
とっても楽しかったの。

きょうは彼女のおうちにいっちゃうの。
どきどきするの。
あれ? 張り紙がしてあるの。


「ごめんね、ひっこすの」


そんなのってないの。



――以上、本筋とは何の関係もない、モナークモナークのストーリーなの。
このゲームの主人公(?)モナくんは一応、日本ファルコムのメインマスコットキャラなの。
イースVS空の軌跡でも、ザナドゥ世界で店番とかしていたの。
でも、今ではモナークシリーズを知ってる人はけっこう少ないの。

だから、今回はドラゴンスレイヤー7こと、ロードモナークにしたの。





さて、今となっては日本では壊滅状態に近い健全PCゲーム市場ですが、かつてはコンシューマに負けず劣らず活気がある時代がありました。

PC88に98シリーズ。X68000にMSX。それはまさにPCゲーム黄金時代。
今みたいに一家に一台、いや個人に一台パソコンがあって当たり前という時代ではなく、ものすごくハードの敷居が高かったのですが、その分、ファミコンなどでは出せない(いろんな意味で)大人向けの緻密なゲームが群雄割拠しておりました。
あのスクウェアだって、当初はPCゲームをつくっていたメーカーでしたね。


そんなPCゲーム黄金時代を過ごしたものにとって、忘れられない会社があります。
それが日本ファルコム。1981年創業の、この業界ではかなりの老舗です。
高クオリティのRPG作品群を主にパソコン向けに発表しつづけ、一時代を築いたメーカーでもありますね。

とくに赤毛冒険記こと、イースシリーズや英雄伝説シリーズが有名ですが、その英雄伝説の派生元となった、ドラゴンスレイヤーシリーズというものがありました。




ちなみに、初代ドラゴンスレイヤーの発売が1984年。
某クエストが86年なので、いわゆるパチもん、まがいものではありません。
むしろ、ぎゃ……ゴホンゴホン。

今となっては時代を感じさせますが、和製RPGとして完成度が抜群に高かった初代ドラゴンスレイヤーは大人気になり、当時の国産三大RPGの一つと称されるようになります(ちなみに、ハイドライドと夢幻の心臓が残り二つ。ファミコンではまだRPGは出ていません)。

もちろん人気作の宿命として、続編も多数作られ、その6作目として登場したのが「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」。これが後の、英雄伝説シリーズとなるわけですね。
余談ですが、近年のファルコムの看板ゲーム、「英雄伝説 零の軌跡」「碧の軌跡」は、この派生シリーズ3期目のエピソード2つ目になります(ややこしい)。


そんな、初代英雄伝説の次に創られたPC98のゲーム。
今までアクション要素もあったとはいえRPGばかりだったシリーズの7作目は、なんと異色のシミュレーションゲーム。いや、シミュレーション要素をもった、リアルタイムパズルっぽい独特のゲームでした。

それがドラゴンスレイヤー7こと、ロードモナーク。
今でも密かな人気を誇る名作で、数あるファルコムゲームの中でも一番好きな作品です。


mona2.jpg

ルールは簡単。
マップに4色の陣営がいて、それぞれ王様と兵隊を持っています。
兵隊は家を建てることができ、時間が経つと家から新たな兵隊が出てきます。
兵隊の能力は数字で現され、基本的に合流して強くなっていきます。敵兵とぶつかった場合、戦力が大きい方が勝ち。お互いに兵力を削り合っていきますが、戦力差があるほど、うける被害が少なくなります
プレイヤーに出来ることは、そんな兵隊に簡単な命令(目的地設定、通せんぼ、家を建てる、柵を作る、橋をかける等)をリアルタイムに出すことと、税率(何かを作るために必要な資金と兵隊の発生率)の調整だけ。
簡単なアリゴリズムで勝手に動く兵隊達に上手く流れをつくってやって、他の陣営を滅ぼしましょう。




今ならRTS(リアルタイムストラテジー)のジャンルに入るかもしれませんね。
LifeGame(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1275633055&owner_id=16126472)の概念に近いところもあるかもしれません。

グラフィックも、最初こそファンタジー風の世界ですが、面が進むと、戦国風やメルヘン風、ロボットの世界になったり、ハンバーガーとたこ焼きとたい焼きと寿司が顧客を巡って争ったりします。足が生えたハンバーガーが暴力団(第三勢力)と戦う様はシュールの一言。


mona3.jpg

百聞は一見にしかずということで、ファルコムの公式HPで簡易版が無料公開されているので、実際に遊んでみたらいいかなと思います。

さて、そんなロードモナーク。独特なゲーム性が根強い人気を得て、家庭用をはじめ、様々な機種へ移植されました。
派生作を除けば、ひとつだけ後継作も出ています。
それがモナークモナーク。


mona4.jpg

画面がクォータービューになって高低差の概念が生まれ、兵隊数を増やしたり、他の陣営の時間を停止させるアイテムも追加されました。でも、基本ルールはそのまま。シンプルイズベストの良ゲーム。
冒頭のモナくんは、このモナークモナークの案内役です。




引越してしまった彼女を歩いて追いかけることにしたモナくん。
そんな彼の歩く距離はプレイヤーのステージクリア評価によって決まります。
いや、特にゲーム本編とモナくんの繋がりは何もないのですが。

でも、書置きだけ残していなくなる彼女ってヒドい(笑)
実はモナくんは嫌われていたのではないか。ちなみに彼女のところにたどり着くと、ちゃんと歓迎されますよ。よかったよかった。

ファルコムの中では、地味目なゲームではありますし、最近はあまり知名度もなくなってしまったシリーズではありますが、でも、Twitterで広報さんがモナくん風の言葉遣いをしたり、VSではモナくんが特典ショップの店番をしていたりと、ファルコム内部でも今でも気にいられているゲームなのではないでしょうか。


そんなわけで、そろそろ新作を遊びたいの。
つまりそれが言いたかったの。



http://www.plumfield.jp/~youichi/LordMonarch/
<ロードモナークいろいろ(ファンサイト)>




英雄伝説 零の軌跡 Evolution (通常版)英雄伝説 零の軌跡 Evolution (通常版)
(2012/10/18)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

[ 2013/02/13 21:17 ] 徒然ゲームおもちゃ箱 | TB(0) | コメント(-)

あけましておめでとうございます! 

 
本年もよろしくお願いいたします。
遅いですね!


52966458.jpg
「21世紀の今だからこそ! モノクロゲームボーイの本 改定追補版」


委託販売開始したそうです。
リトルマスターで書いてます。ちょっとだけ加筆修正。
 
 
[ 2013/01/07 17:59 ] お知らせ | TB(0) | コメント(-)
● 応援中!●

 

 



【間違った社員教育
まったく君の会社ではいったいどんな社員教育を(略)】


EFFyのサークルさんの新作。
空を飛ぶ楽しさをあなたにお届け!

 

 

カウンター
プロフィール

marchbit

Author:marchbit
 
このサイトは星猫が
運営しております。
イラスト関係は
ほぼ風車作


連絡先:marchbit「あっとまーく」hotmail.co.「じぇーぴー」
  

お気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
● 応援中!●

 

 


【EFFy one of unreasonable if】


「わたしを使って 彼らを斃して」
高クオリティ3DフライトSTG。独自システム”ACS”と”RCS”を駆使して、ナビゲーターAI「エフィ」とともに大空を飛び回れ! レビュー


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 


【GIGANTIC ARMY】


蒸気冒険アドベンダムのASTRO PORTさん新作!
様々な武装を持つメカを狩り、戦場を駆け抜けろ。レイ○スやヴァ○ケンが好きな人には特にオススメの一作。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ALLTYNEX Second】


突き抜ける爽快感! 射撃と近接。2つの形態、4つの武装を駆使せよ!
そんな正統派2.5D縦スクロールSTG。


公式サイトで体験版がダウンロードできます。

 

 

 



【ディアドラ・エンプティ】


ファンタジーゾーン+パンツァードラグーンのような全方位ハイフィールドSTG。
透明感溢れる世界観が素敵です。
少女はドラゴンとあの大空を舞う。


ふろーずんおーぶさま公式サイトで数面あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 



宇宙と星と少女とひまわりの良作SFアドベンチャー。
シナリオがとても良いです。「星の海に憧れる人々」が好きな方には、特にオススメの一作。


ぶらんくのーとさま公式サイトで1ルート丸々あそべる体験版がダウンロードできます。

 

 

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。